ゴールデンウィークに行きたい国内の穴場(小豆島)

旅行がお好きなかたであれば、国内旅行の有名な名勝は多分制覇しているね。
一度、行ったことがあるところに、さらに心がけるというのも、その変化を感じることができていいものですが、依然訪問したことがない場所のほうが、新鮮で良いと想うかたも多いと思います。
そのようなかたにおすすめしてみたいのは、香川県の「小豆島(しょうどしま)」だ。
いかがですか、お出かけしたことがありますか。
最近は、小豆島へのツアーなども増えてきて、訪問したことがあるかたも増えてまいりましたが、未だに訪問したことがないというかたは多いでしょう。
瀬戸内海に浮かぶ島ですから、ゴールデンウィークの頃の気候も良いですし、ツーリストが大勢押し寄せるような場所でもなく、国内旅行の穴場としておすすめしたいと思います。
小豆島の意外な名産はオリーブだ。
オリーブオイルはヨーロッパ産のものが多いというのが、わたし達日本人が持つイメージだと思いますが、小豆島では良質のオリーブが採れます。
国内のオリーブ栽培の元祖ともなっています。
島内のオリーブ公園には、非常に良いギリシア風車もあり、メルヘンチックな気分に浸ることができます。
また、小豆島が有名になったのは、「二十四の瞳」という小説の作者です壺井栄の故郷であるため、小説の映画化の際に、ロケ地になったということもあります。
二十四の瞳は、甚だ感動する映画ですので、機会がありましたら、小豆島の風景をご覧になりつつ映画も楽しんでみると良いですよ。
小豆島をめぐってみたくなるかもしれません。
本州は、橋やトンネルで繋がっていないため、小豆島へ流れるにはフェリーに乗らなくてはなりません。
岡山から1時間10分程度、高松から1時間程度で到着だ。
こういうフェリーを、ひと手間と位置付けるかたもあるかもしれませんが、よく体験することのできない少ない船旅としてみると、海をなるのが面白く思えてしまうよ。
また、小豆島内には、潮の満ち引きによって道が現れたり消えたりやる「エンジェルロード」もあります。
恋人達の聖地に認定されていますので、カップルのかたもそうでないかたも、おでかけ下さい。
初々しいかたはいまひとつ興味がないかもしれませんが、「小豆島八十八ヶ所霊場」というのもあり、四国八十八ヶ所霊場よりコンパクトなため、回るかたがたはそんなに多いようです。
国内ですから、日数もいまいち必要ありませんし、さわやかゴールデンウィークは夏休みよりも良いと思います。
フェリーで1時間で行くことが出来る島は、穴場ですよ。www.vivemedia.co.uk