ストレスで眠れないときの改善方法

現代はどんな人でも、ある程度のストレスを抱えて生活していると思います。
それはめいめい、ストレスの原因は違うし、その程度も違う。
でも共通しているのは、ストレスを抱えていると、人間はなかなか眠れないという事です。
体はとても疲れているのに、頭だけがさえて、爽やか睡眠に入っていけないのです。
ストレスを除けばいいのかもしれませんが、おいそれと略せるものでもありません。
そうなると、不眠症という病を抱える事になってしまいます。

では、ストレスを抱えていても、どんなに寝る方法はあるのでしょうか。
いくつか方法があるようです。
1つには、寝る時間の1時間前に入浴する、という方法だ。
人間の体は、睡眠状態に入るまま体温が下がりますので、眠る1時間前にお風呂に入り、お風呂から出て、ポッキリ体温が下がるころにはベッドの中で寝つける状態にやるという方法だ。
お風呂の温度は38度から40度くらいのぬるめとして、のほほんお湯につかりましょう。
そうすると体の芯から温まることが出来ますし、又リラックス効果もあります。
その後、前述したように、ポッキリ体温が下がる頃を見計らって、ベッドに入ると、心もリラックスしていますし、体温も後ずさるので、気持ちよく睡眠に入ることが出来るのです。

そしていまいちの方法は、寝る前に気持ちが癒される音楽を流したり、アロマやお香をたいて、ゆっくりした時間を始めることです。
カフェインの入った飲み物ではなく、ハーブティーやココアなどを徐々に呑みながら、自分だけの時間を取るようにしましょう。
やはりスマホはダメです。
スマホから出るブルーライトを浴びる事は、睡眠のための大敵だ。
こういうブルーライトは脳から分泌されるメラトニンを抑制して仕舞う力があるのです。
こういうメラトニンというのは、人間を睡眠に導くためのホルモンなので、眠るまでこういうブルーライトを浴びていると、寝つきも悪くなりますし、良い睡眠が摂れなくなります。
ですから、夜寝る前のリラックス時折、スマホはやめて、音楽を聞きながら、望ましい香りを頂き、ハーブティーを味わいましょう。
出来たら、ハーブティーはカモミールが良いでしょう。
気持ちを抑える効果があります。http://www.dogzonly.nl/