トークンの利用

最近は電子マネーが注目されるようになってきました。
つまり仮想通貨だ。
それから、仮想通貨から派生したトークンと呼ばれる通貨も出てきました。
これからは仮想通貨とトークンの違いを理解しておかなければなりません。
仮想通貨は発行していらっしゃる会社があり、その会社の信頼の上で成り立っている通貨だ。
会社が信用を減らすようなことがあると、仮想通貨の価値は一気に下落してしまう。
また、トークンは既存の仮想通貨のシステムを利用して、やり取り変わる通貨もののものです。
トークンの定義が不明確なため、仮想通貨との区別がつきにくく、誤って理解している人も少なくありません。
ただ、トークンや仮想通貨の意味を知らなくても取引をすることは可能です。
取引によって利益を得ることもできるのです。
ただ、こんな仮想通貨を実際に利用する状況を考えてみましょう。
コンビニエンスストアをめぐってコーヒーを購入しようと考えた時、どんな支払いほうがあるでしょうか。
現金だけではなく、楽天ポイント、Tポイントなどがあるでしょう。
楽天ポイントは通貨ではありませんが、現実に支払いとして利用できる店舗があれば、通貨としての価値を持つことになります。
さて、トークンはどうでしょうか。
ほとんどの人が知らないトークンでコーヒーを買おうとしても、拒否されることでしょう。
また、ビットコインなどの名の知れた仮想通貨も、現在対応している店舗はごくわずかです。
つまり、仮想通貨やトークンの価値を一般市場は認めていないと言うことだ。
しかし、各種ニュースで取り上げられている通り、ビットコインやトークンの取引が活発に行われています。
これはどんなことを意味しているでしょうか。
一般の人の消費生活で通用する通貨とは別の次元で取引されている通貨として、仮想通貨やトークンがあることを意味しています。
それは金融市場だ。
金融市場では実態のない通貨同士で取引をするだけで、利益を得ることができます。
為替の変動によってタイミング良く売り買いすればいいのです。
仮想通貨が登場して注目を集めているかもしれませんが、それは通常の消費生活は関係ないとして下さい。引用