国際結婚と赤ちゃん

国際結婚をした夫婦の赤ちゃんはいつの言葉を話すのでしょうか。
日本人のお母さんはきれいな英語を話すことはできませんし、お父さんは日本語を話すことができないでしょう。
そのような状況も赤ちゃんはお父さんとお母さんと会話をすることができます。
つまり、自然と二つの言語を学んでいるのです。
この状況を意識的に作り出そうと考えているのが赤ちゃん向けの英語教材だ。
おすすめは人気のキャラクターたちが英語で歌い話しかけてくる教材でしょう。
もちろん、赤ちゃんにも好みがありますから、お気に入りを見つけてやりましょう。
英語の学習をするのではなく、そのまま英語で話していればいいだけだ。
それを聞いて、まねをすることがネイティブスピーカーに育って行きます。
日本語はお母さんがしっかりと教えればいいでしょう。
普段通りに話しかけて下さい。
国際結婚をしている夫婦の場合、お母さんは日本語で言い出し、お父さんは英語で話します。
それでは兄弟同士はどちらで話すのでしょうか。
その日の気分で変わっていると言われています。
当然、日本にいるなら日本語を使うことが多くなりますし、アメリカに住んでいるなら英語を使うでしょう。
その場の状況に合わせて、自然と言葉が出てくるのでしょう。
大人になってから英語を学習する場合とは大きな違いだ。
大人になってからのおすすめの英語教材では、ただ聞き流すだけで英語がわかるようになると説明する商品もあります。
ただ、英語を訊くことと話すことは別だ。
言葉を響かせるためには脳裏で文章を組みたてなければなりません。
日本語であれば、昔からの習慣ですから自然と生じるでしょう。
しかし、大人になってから習った英語では簡単ではありません。
赤ちゃんの時から慣れ親しむことが重要になるのです。
当然、英語を話すことができたとしても、国際人として通用するかどうかはわかりません。
ほとんど多くを期待しないことです。
外資の会社で動くためには、言葉は一つのハードルですが、それを越えるだけで仕事ができるはずはないでしょう。
依然、赤ちゃんなのに将来のことを気にかけるのは親のエゴと言えるかもしれません。
ただ、英語を学んでいて損をすることはないでしょう。https://www.willemvandegraaf.nl/