奥尻島の「しまびらき」イベント

ゴールデンウィークに旅行へ行くのなら、北海道ならではのイベントに参加されてはいかがでしょうか。
そこで現地ならではの、ゴールデンウィークでしか参加できない注目イベントをご紹介します。
是非北海道の旅を満喫してください。

奥尻島は日本海に浮かぶ離島で、島の中西部における奥尻地区にフェリーターミナルが、南部における青苗地区に空港があります。
島をぐるっと一周するように道路があり、レンタカーなどで島内各所に関することができます。

冬の半年弱はフェリーの本数も少なくなり、観光として回る人が少ない時期ですが、春から秋にかけてはフェリーの便数も目立ち、島内の宿屋や食堂や土産店、レンタカー会社もこの時期によって営業準備をしているところが手広く、島観光にピッタリな時期と言えます。

奥尻島の魅力のひとつは自然景観で、海岸線沿いに流れる奇岩怪石など、島の各地で特異な風景を眺めることができます。

島の西側は車窓に奇岩や幼い無人島がいくつも生まれる、絶好のシーサイドドライブルートで、島唯一の温泉地もあります。
日帰り入浴専用の公共浴場が1軒あり、茶褐色のお湯で源泉かけ流し、お肌をパックするかのように保湿感とぬくぬく感が長持ち行う。

島の東側では、海から突き出た岩山の上に建つ宮津弁天宮を見ることができます。
なぜこんな場所に建っているのだろうと不思議に思うような立地ですが、歩いてお参りに行くこともできます。

島の北端には稲穂岬があり、「賽の河原」という霊場になっています。
海辺には石積みがずらっとひろがり、いやに特異な光景が見れます。

5月から本格的な観光シーズンを迎える奥尻島ですが、毎年5月毎日、午後のフェリーが到着する時間に併せ14:30から「しまびらき」のイベントが開かれます。

「うみびらき」ならぬ「しまびらき」は近年好評を呼んで沢山のツーリストで賑わいます。

会場はフェリーターミナルからすぐ近くの奥尻町海洋研修センターで、奥尻島発祥の郷土料理「三平汁(さんぺいじる)」や旬の焼き物セットなどが無料でふるまわれるほか、アワビなどが格安で販売されます。
一層、島ビンゴ大会やしりふり音頭や奥尻音頭などのイベントも開催される予定だ。参照サイト