妊婦さんにおススメの飲み物

妊娠中は、妊娠初期・中期・後期を問わず、のどが渇き易い状態です。しかし妊娠中は、カフェインや糖分を含むものはできるだけ止めるか、量を気にする必要があります。「どういう飲み物を飲めばいいの?」と迷うかもしれません。
今回は、妊婦さんにおススメの飲み物をご紹介します。
妊娠すると、赤ちゃんを続けるようにお腹周りの脂肪が増えたり、糖代謝、脂質代謝、たんぱく質代謝、水代謝などが変化したりと、体に様々な変化が起きます。その結果、妊婦さんは汗をかき易くなり、直ちに喉が渇いてしまう人もいます。また、妊娠初期はつわりなどで思うように水分をとれないこともあり、嘔吐を増やすと脱水症状になってしまうこともあるので、こまめな水分補給が欠かせません。単に夏場は意識的に飲み物を呑むことが大切です。つわりで吐き気が手強い時折、氷をなめるなどして、少しずつ水分補給するようにしてください。
妊娠すると、アルコールやカフェインなど飲み物にも制限がかかります。妊娠中はどんな飲み物で水分補給するといいのでしょうか。
「麦茶」
麦茶は赤ちゃんでも飲めるノンカフェインの飲み物で、妊娠中に摂取したい食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。ただし、麦茶には身体を冷ます作用があるので、身体が冷え易い妊婦さんは常温で飲むといいですね。冬はホットで飲み込むのがおすすめです。
「ルイボスティー」
ダイエット茶・健康茶のイメージが著しいルイボスティーは、軽々とした味でくせがなく、呑み易いハーブティーだ。ハーブティーの中でも、子宮収縮などの悪影響がないものなので、多くの妊婦さんたちから支持されています。鉄分やカルシウムなど栄養価の厳しいのもうれしいです。
「たんぽぽ茶・たんぽぽコーヒー」
たんぽぽには血行促進や便通を促す作用があります。また、母乳の出が良くなることでも知られてあり、産後ももっぱら呑み積み重ねるママが多いようです。
「小豆茶」
小豆は昔から健康食として知られてあり、薬膳にも欠かせない素材のひとつだ。小豆茶は、血行促進作用のあるポリフェノールやミネラル、ビタミン類が豊富です。
妊娠中は水分補給が大切です。
身体に可愛らしく、妊娠中の身体に適した飲み物をなるべく摂取するように心がけましょう。参照ページ