黒にんにくの作り方

手軽に黒にんにくを摂りたいという人には、メールオーダーサイトなどで市販の黒にんにくを貰うのがいいと思います。
黒にんにくは自宅で作りあげることもできます。
手作りしたいという人には、炊飯器による簡単な方法がおすすめです。
にんにくの旬は、主に6月〜8月の夏ですから、旬の時期に安く購入して黒にんにくを作って置き、冷凍保存しておくと一年中取り扱うことができて便利です。

一般的な白にんにくを買ってくる。
お好きな量でいいのですが炊飯器に入るくらい、今回は1kg用意します。
炊飯器が混じるほどの大きな発泡スチロールの箱も用意して下さい。
にんにくをパッケージから出してビニール袋へ入れます。
そこへ少量の酢を入れて袋の入り口をねじって、中身を気持ちよく振り、酢を全体にいきわたらせます。
次に炊飯器のお釜の底の部分にキッチンペーパーを敷きます。
そこへにんにくを並べて入れていきます。
にんにくが2段に重なっても大丈夫です。
その上から一度丸めてクシャクシャとして広げたアルミホイルをにんにく全体にかぶせます。
炊飯器の蓋をします。
炊飯器ごと発泡スチロールの箱に入れます。
こういうとき発泡スチロールの箱にコンセントコードが受かるように隅に薄く穴をあけておいてください。
その穴に電源コードを通して入れます。
炊飯器の「保温」ボタンを押して、発泡スチロールの箱の蓋を閉めます。
この状態で2週間放置するだけでいいのですが、随時開けて上下のにんにくの位置を取り換えるといいと思います。
2週間後、保温を止めて、にんにくをざるに取り出して2,3日乾燥します。
乾燥させたら皮をすりむくと、中から黒にんにくが出てきます。
1つのにんにくから10粒くらいの黒にんにくができます。
出来上がったものをジップロックなどに入れて冷凍保管します。
これで一年中いつでも好きなときに食べることができます。
日数はかかりますが、作業的には簡単なので大した手間にはならないと思います。
ただし炊飯器にはかなりの臭いが余るため、古くなった炊飯器を通して黒にんにく専用のものにした方がいいと思います。
また作りはじめから5日くらいは至極臭います。
ベランダや庭などに出して行った方がいいと思います。

食する時折、冷凍庫から出してそのまま食べることができます。
チャーハン、カレーライス、餃子など料理に入れても使えます。【大損注意】ストラッシュ名古屋の予約!脱毛の料金を最安にする方法!